teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 下目黒の恐怖の精神虐待魔について語るスレ(1)
  2. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:12/551 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

さど

 投稿者:近藤  投稿日:2016年11月20日(日)17時56分6秒
  通報
  大会名 佐渡国際トライアスロン大会
日時 2016/9/4
場所 新潟県佐渡市
距離 3.8km-190km-42km

Total                   Swim         Bike         Run
11:18:45(16/621)     1:09:01(18) 6:12:25(47) 3:57:19(22)

昨年に引き続き3度目の佐渡。昨年は体調を崩してDNFという悔しい結果となった。
その反省を活かし、今年は弱点を重点的にトレーニングしてきた。その成果は皆生でも現れていた。
さて、佐渡ではどうか?今年の集大成となるレースにはふさわしい。
佐渡に来るのも3度目なので勝手がわかっているというのは武器になる。
それはレース前も同じこと。どうやってスケジュールを組めばいいのか、それもレースのうちに入っている。今回は金曜の仕事終わりに特急で金沢まで移動。土曜の朝に新幹線で直江津まで移動。北陸新幹線は綺麗で快適だった。願わくばもう少し金沢を観光して行きたかった。
直江津からのフェリーは2時間かからずに佐渡につくことができる。私が最初に出場した時は1時間多くかかっていた気がする。港から会場までバス移動。そこからキャンプ場までは徒歩で10分。事前にダンボールで自転車含めて送っていたのでヤマトの到着を待つ。荷物が到着してから自転車を組み立ててテントを貼って説明会へ。この辺の”旅”の感じも佐渡のいいところ。宿泊では味わえない。前日にしっかり準備をしていざレースへ。
毎年そうだがやはり今年もクラゲがいる。ワセリン塗っておくと多少は効果がある?
2周回のコースで1周めに35分かかっていて焦った。前年よりも長いようでトップ層でようやく1時間切りだったが、それにしてもちょっと遅すぎる。体幹はサボってはいけない。
バイクは前年のタイムを参考にした。だが前年と決定的に違ったのは気候。昨年は曇りで気温もそこまで高くなかった。今年は快晴。気温も30度を超える。前年と同じペースで行けたのは最初の50kmまで。次の100km通過は10分遅かった。150km通過で頑張りはしたものの、ラスト40kmは完全に水分が足りていなかった。1回のエイドで3本のボトルをもらう方法を考えなくては。
ランに入ってからも暑さは続く。片道10kmコースを2往復する。道中日光を遮るものはない。皆生に引き続きひたすら暑さとの戦いとなる。皆生と違うのはコースにアップダウンがあること。余計にランで差がつく仕様だ。15kmを残して足が動かなくなってきた。そのままズルズルとペースが落ちていったが、ラスト8kmのエイドでグリコのCCDドリンクを発見。しかも1個だけ。エイドの人に飲んでいいの?と聞くと、いいですよ。差し入れでもらったんです。と返答。まさにテンカラの恵み。飲んだら一気にペースが1キロ20秒ほど上がった。それまで4時間は切れないと諦めかけていたが、ラストは4分半のペースでスパートをかけてゴール。ランラップで4時間を切ることができた。総合でもエイジトップを取ることができた。自分の子1年の練習内容は間違っていなかったことを確信。一つ自信につながった。

http://www.scsf.jp/triathlon/_userdata/15a-result.pdf

 
 
》記事一覧表示

新着順:12/551 《前のページ | 次のページ》
/551